売れている漬物とその売り方日本一を目指す山傳の総合漬物卸サイト!
今売れている漬物とその売り方がよくわかる! お問い合わせはお気軽に 03-6276-7071
メールでのお問い合わせはコチラ
売れる漬物とは 事例レポート チャネル別販売方法 山傳とは? 無料資料請求
田酒 酒粕たくあん
山傳ってどんな会社?
売れる漬物とは?
仕入先募集

売れる漬物には理由があります!

このシーズンのイチオシ!
売り方事例集
チャネル別 漬物の売り方
飲食店 | 土産物店 | 酒販店
特集
漬物百科事典
全国ご当地漬物集
漬物何でもランキング !
お問い合わせ・資料請求
販売店様のお問い合わせ
メディア掲載実績
大野のお漬物ブログ
店長・スタッフ紹介
田酒 酒粕漬


  「田酒 酒粕漬」とは...

田酒といえば、十四代、飛露喜、王禄などと肩を並べ、今やほとんど手に入らない銘酒として有名です。
その「田酒」を造られている西田酒造店の西田社長に直接交渉し、醸造用アルコールを添加しない特別純米酒の大変貴重な酒粕を今年も分けて頂きました。

通常、西田酒造店さんの酒粕は卸先が決まっており、殆ど残っていないのですが、山傅が酒粕を使って新しい商品を開発する点に感銘して頂き、今年も特別に分けて頂ける事になりました。

本商品は、高級品として知られる「べったら」を「田酒」の酒粕100%を使って、丁寧に造りました。ほんのり甘い・銘酒の香り。お酒に一番あう、うまいおつまみ「酒粕漬」をお召し上がり下さい。

実は、9月に西田酒造店さんを見学させて頂いた際に、西田社長から沢山の話を頂きました。
今から約38年前に世に出た田酒ですが、今もその酒質を落としていません。
それは、毎年毎年、過去に造ったどのお酒よりももっと良い品質にしてみせる!という西田社長の強い思いが根底にあるからなんです。


   
日本を代表する青森県の銘酒「田酒」西田酒造店の西田社長   ほんのり甘い銘酒の味わい豊かな酒粕漬です   3代前青森県知事 竹内知事が命名、ラベルは直接筆を取って頂きました
  祖父「大野時良」に誓った「お酒に良くあう商品づくり」への想い...

「ちきしょー!こんなはずじゃなかったのに・・・。」
ある日の夕方、私は群馬でただひとり机もイスも何もない事務所の床を、悔し涙を流しながら掃除していました。

私は、昭和40年東京中野区に漬物屋山傳の3代目として生まれました。山傳は明治44年 生まれの祖父が昭和5年に興した会社です。祖父は大野家の養子でした。(なので厳密には私にも大野家の血は入っていません。)祖父が本当の子じゃないといじめられながらも、負けじと努力して、昭和5年に興したのがこの山傳でした。「おれは酒もたばこも40を過ぎてからだ。それまでは 貧しくて飲めなかった。」と大好きなお酒を飲みながら何度となく私に話してくれたことをよく覚えて います。それだけ祖父の努力あっての山傳でした。

私は、31歳で山傳に戻りました。そして、37歳から父と共同代表という形で会社を経営。しかし、時代の変化に対応しきれず価格競争にも巻き込まれ、群馬の製造工場閉鎖。事業を東京だけに縮小 するため50人もの人員をリストラ、群馬の事務所まで閉鎖せざるを得なくなりました。私は会社に 1円でも多く敷金を返金してもらうため、群馬事務所の解約の際、清掃業者を入れずに自ら掃除 することを大家さんに伝えました。
近くの廃棄物処理場に、父や母、妻にまで手伝ってもらいながら、使えないものを軽トラに積んでは何往復もしました。そして、最後は私がただひとり、もぬけの殻となった群馬事務所の床を、せっかく祖父が努力して築いてくれたのに・・・と自分のふがいなさへの悔し涙と閉鎖することの悲しさも混じった涙を流しながら掃除していました。

その後、私は祖父の代から並行して行っていた食品の卸に事業を絞りました。ただ、他と同じことをやっていては、じり貧になるだけなので、他とは違うものを取り扱おうと決意。また、その時どうしても頭から離れなかったのが、大好きなお酒を幸せそうに飲む祖父の姿でした。
そこで私は祖父も大好きだった“お酒に合う食品”、それも“他が取り扱っていない”ようなものを見つけご提案していこうと思いました。幸い私自身、山傳に戻ってくる前はお酒の販売営業をしていたこともあり、どういったものがお酒に合うのかも熟知していました。

そして、そのような形で事業を続けてきた結果、「大野さんは他にはないものを紹介してくれるからありがたい」等、嬉しいお声をたくさん頂けるようになりました。数年前からは、もっとお酒に合う、他にはない商品と言うことで、“酒粕漬”などの商品開発にも力を入れ、あの青森県の“田酒”で有名な叶シ田酒造店さんの社長からも熱意を買って頂き、田酒の酒粕を卸して頂けることになり、山傳オリジナルで“田酒の酒粕漬”を作らせて頂けることにもなりました。

これからも、天国でもお酒を飲んでいるであろう祖父に恥じぬよう、お酒に合う、そして、他にはないこだわりの食品を漬物屋の3代目としてご紹介してまいります
何卒、よろしくお願い申し上げます。お読み頂きまして有難うございました。

お問い合わせはお気軽に
会社概要スタッフ紹介売れる漬物とはこのシーズンのイチオシ売り方事例集
チャネル別アイテム紹介漬物百科事典全国ご当地漬物漬物何でもランキング
メディア掲載実績ブログ仕入先募集お問い合わせ・資料請求ページ先頭トップページ
(c)株式会社山傳 All rights reserved.